生涯元気印のお役立ち情報

人生100年時代に役立つ情報を日々発信するブログです

RareTECH(レアテック)の口コミ・評判、プログラミングスクールの特長や実態を調査

スイスのビジネススクールIMDが9月28日に発表した2022年の世界デジタル競争力ランキングで、日本は63の国・地域の内29位で、17年の調査開始以降で最低を記録しました。

全体順位は「知識」「技術」「将来の準備」の各項目の順位を総合して決められます。

日本のデジタル競争力が低位にある主たる要因としては、人材不足、デジタルスキルの低さ、国際経験の少なさやビジネスのスピード感・俊敏性の欠如などが指摘されています。

私どもは、このことを人と組織の切実な問題として認識し、早急に徹底改革を進めなければ、日本が低迷状態から抜け出すことは困難でしょう。

情報元:日本経済新聞電子版


人材育成に関しては、近年、プログラミングの需要が⾼まるにつれて、さまざまな学習ツールやプログラミングスクールが存在しています。

そんな中、今話題になっている「RareTECH(レアテック)」というオンラインプログラミングスクールが注目されます。その口コミ・評判、特長、サポート内容などの実態を詳しく調べましたのでご紹介いたします。

raretech公式サイト

 

目次

RareTECH(レアテック)が目指す目標

RareTECH(レアテック)創立者古里栄識氏は、米国テック企業の覇者GAFAを上回るIT企業を生み出したいと明確に目標を打ち立てていて、注目されます。

2020年4月、 「 IT スクールを作り、5年以内にスクール内で年収 1,000 万稼ぐエンジニアを 100 人育成し、彼らと共に日本を代表する IT 企業を設立する」と私、古里が提唱し、今に至るのが RareTECH である。

私は本気で、誰もが知るアプリやプラットフォームをつくり、 GAFA を上回るような企業を、この日本から生み出したいと思っている。 それは決して、夢物語ではない。

しかしそのためには、年収 1,000 万円稼ぐレベルのエンジニアが多く必要なのだ。 にも関わらず、そのような “希少型”エンジニアは日本にはまだまだ少ない

そういった日本の IT 教育の遅れへの憤りや不満はある。 目先のお金を “稼ぐ” ことや “転職する” こと自体を目的にするスクールも好まない。 なぜなら、それではブラック企業案件しか回ってこない “量産型” エンジニアが生まれるだけだからだ。

ならば、 自分で育つ環境を用意してやろうと思い立った。 今では11人のスタッフと、 280名以上の熱意ある生徒が集まってくれている。 

引用元:raretech公式サイト

“希少型”エンジニアと“量産型” エンジニアとは?

RareTECH(レアテック)は、希少型エンジニアの育成を目指すプログラミングスクールです。

一般のプログラミングスクールは、受講期間が3~6か月と決まっているため、基礎概念の学習は省かれがちで、プログラミング技術の学習中心になっています。

一方、RareTECH(レアテック)では、受講期間が決まっておらず、2年間のカリキュラムに基づき、アプリをゼロから作れるようになるために必要なネットワーク技術やLinux操作といった基礎概念をしっかり学んでから、プログラミング技術をを学びます。

現に、多くの有名IT企業の研修では、プログラミングではなく、ネットワークとLinuxから学習を開始します。

また、近年は「クラウドエンジニア」という職種が注目を浴びています。AWSやAzureと言ったクラウドサービスを利用するエンジニアのことです。

このような職種を本気で目指すには、むしろプログラミングではなく、ネットワークやLinuxの知識が必要となってきます。

2種類のエンジニアの業務の特徴

1) RareTECH(レアテック)では、ちょっとプログラミングはできるが、大して他のスキルのないエンジニアのことを「量産型エンジニア」と呼んでいます。

量産型"エンジニアの業務例

・決められた仕様書に基づいたプログラムを書くのみ

・既存システムの保守・管理業務(深夜業務が多い)

・何かエラーがあったら、どこかに報告する、といった単純作業


2) 基本的なIT知識を備えたうえで、いずれかの分野の高度な専門知識も兼ね備えるT字型の能力を持った人材を希少型エンジニアとRareTECH(レアテック)では定義します。

希少型エンジニアの業務例

・ビッグデータ解析

・自動運転技術の開発を指揮する

・AI を利用して企業戦略を練る

・銀行システムのクラウド化の指揮を執る

・テクノロジー責任者として上場を実現する

・オリンピックの IT セキュリティを担当する

・GAFA のような世界的企業でシステムを構築する


RareTECH(レアテック)
では、ネットワーク技術やLinux操作といった基礎概念をしっかり学んでから、プログラミング技術を学んで、"希少型"エンジニアになることを目指します

経済産業省の予測では、IT市場の成長が今後も見込まれ、将来的にIT人材の不足は更に加速すると考えられます。

2030年の人材不足数は、約41万人~79万人と予測されています。

尚、IT業界における人材不足は、希少型エンジニアのことです。

出典:経済産業省 参考資料

RareTECH(レアテック)の特長・強み

RareTECH(レアテック)には、次の5つの特長があります。

1)「基礎概念」の習得を最重要視

エンジニアの上位10%を占める “希少型” エンジニアになるには、Network技術、Linux操作、プログラミング技術の3つが不可欠です。

RareTECH(レアテック)では、特にNetwork技術やLinux操作の「基礎概念」の習得を最重要視しています。
何故ならば、「基礎概念」を習得することで、習得していないその他の人と比べ、成長スピードが圧倒的に早くなるからです。


2) 講師は全員、第一線で働く ”希少型” エンジニア

RareTECH(レアテック) 講師は全員、第一線で働く ”希少型” エンジニアです。

月・水・木・日の21-23 時に行われる zoom 講義(アーカイブあり)では、他では聞けない、世界的 IT 企業の「現場」の話も直接聞くことが出来ます。


3)「自分で解決する力」が身につけられます

RareTECH (レアテック)では、ただ解決策を伝えるだけでなく、「どうやってその解決策を見出すのか」という本質的考え方も学ぶことが出来ます。

受講生による「発表会」を月2回実施。受講生が学習した内容を発表し、それを元に講師が「現場」視点で内容を深めます。

仲間同士で学び、助け合う空気を大切にする場にもなります。一人では挫折しがちな学習を、熱い仲間と親身な講師という「環境」で支えてくれます。

RareTECH (レアテック)では、質問の仕方も教えてもらえます。


4)
希少型エンジニア” に質問し放題

RareTECH(レアテック)では、第一線で働く ”希少型” エンジニア の講師に対して、無制限に質問できます。

日々の学習の中でつまづいたことから、現場でぶつかった問題まで、一流の “希少型” エンジニアに直接答えてもらえます。

実際 RareTECH(レアテック) には、転職成功後も、スクールに残って学び続ける先輩たちがいます。これは、転職を目的とするその他のプログラミングスクールではあり得ない特長です。

少し先をいく先輩方と共に学べるのも、RareTECH(レアテック) の魅力の一つです。


5)学びながら、受講料の元が取れることもあります

優秀なエンジニアには、RareTECH (レアテック)講師陣のような良質な案件が次々と舞い込みます。

RareTECH (レアテック)では、そのような案件も受講生に紹介しています。

( RareTECH(レアテック)側が紹介料をもらうものではないので、純粋な紹介です)

未経験から可能な案件も多いため、実際、在学中に受講料の元を取る受講生もいる状況です。

RareTECH(レアテック)の受講者の現状

・2022年4月現在、390名が在籍しています。

・平均年齢29歳の男性がメイン層です。

・公務員、営業職、看護師、接客業から転職を目指す方が9割ほどで、残り1割はIT業界で勤務されている方です。

RareTECH(レアテック)の受講内容及び料金

・受講料:¥148,000/年1回払い 税込み(注1)
・入会費:
¥49,800
・カリキュラム:月9回以上のzoom講義、500ステップの問題集、アプリ開発ハッカソンを通して学習します(注2)。講義外での質問対応、過去の講義動画視聴、ポートフォリオ添削・指導、非公開案件への応募
(注1)最初の2年間、月払いの場合14,800円/月、1年分一括払いの場合148,000円です。
   3年目以降、月額1,980円と大変お得になります。

 RareTECH(レアテック)の受講料は他社の料金に比べ、非常に安く設定されています。
但し、2022年12月より受講料は、148,000円から198,000円/年1回払いに値上げされる予定です。

(注2)ハッカソン:実務で必要なチーム開発体験(3-5人程度のチームで対抗、制作期間はおよそ40~50日)、就活で生きるポートフォリオ作成、学んだ知識の総アウトプット

RareTECH(レアテック)と他のスクールとの違い

 

継続率

大手A社 大手B社
94.50%
 
RareTECH
知名度
価格

月あたり

月あたり

月あたり

12,333円 169,950円 191,950円

入会金

16週

10週

49,800円 679,800円 767,800円
講師は現役? 記載なし 記載なし
オンライン学習
メンター制
質問応対時間 いつでも(深夜除く) 不可日あり 時間指定あり
他の教材質問
ゴール 高単価希少型エンジニア 転職 転職


RareTECH(レアテック)は、年収600万円以上のワンランク上の希少型エンジニア育成を目標としており、費用も他社に比較して割安感があり、コストパフォーマンスが日本一のプログラミングスクールです。

RareTECH(レアテック)の口コミ・評判

口コミ・評判1:ベンチャー企業への転職に成功


口コミ・評判2:授業に参加してよかった!


口コミ・評判3:質問できる環境は最高


口コミ・評判4:良い緊張感の中で学べる


口コミ・評判5:成長を感じることができた

RareTECH(レアテック)に関するよくある質問

Q.プログラミング初心者でも大丈夫ですか?
A.問題ありません。RareTECH(レアテック)に在籍する90%以上の方はIT未経験です。特に前提とするスキルもありません。タイピングからスタートの方もいらっしゃいます。パソコンとやる気を持ってご参加ください。

Q.卒業後、転職や独立のサポートはありますか?
A.ございます。専属キャリアアドバイザーが在籍しています。

Q.他のスクールと決定的な違いはなんですか?
A.ゴール設定の違いです。他のスクールは転職できれば成功とします。RareTECH(レアテック)は転職をスタートと捉え、本当に稼げるレベルに育成します。

Q.質問・対応について教えてください。
A.年末年始を除いて、24時間以内に対応いたします。

Q.講義に用事があって参加できない場合について
A.講義は全て録画しておりますので、後からも視聴可能です。

Q.個別指導はありますか?
A.個別指導はありませんが、全ての質問に対して、一つ一つ講師が丁寧にアドバイスいたします。

まとめ

・RareTECH(レアテック)は、IT業界にて人材が不足している希少型エンジニアの育成を目指すプログラミングスクールです。


・RareTECH(レアテック)の受講料は、月額1万円台と他社の料金に比べ、非常に安く設定されています。


・年収600万円以上の希少型エンジニアを目指したい方は、是非RareTECH(レアテック)の無料体験授業を受けられますようおススメいたします。

RareTECH(レアテック)運営会社概要

会社名
株式会社var
事業内容
技術者研修・受託開発・ITコンサルティング業
代表取締役
古里 栄識
所在地
鹿児島県鹿児島市錦江台3-21-22
設立
2020年11月13日
資本金
5,000,000円